水道の修理業者の中には悪質な業者も存在する

水道に関連するトラブルを解決してくれるのが専門業者ですが、業者の中には悪質な業者も存在しています。ここでは悪質な業者による被害の例を紹介します。

■修理が終わった後に高額な請求をしてくるケース

水道 修理を請け負う際は簡単な見積もりを作成し、料金を大幅に下げて説明しているにも関わらず、修理が完了してから高額な費用を請求してくるケースです。この他にも必要のない部品の交換や修理などを行い費用を上乗せして請求してくるケースもあります。実際に修理が完了してしまうとなかなか支払わないというわけにはいかなかったという人も多く、適正な料金で修理がされてないのが実情です。特に料金面で大々的な広告を出している業者に多いのが特徴であり、ポストにチラシがポスティングされていたことで利用したという人もいます。


■二次被害を引き起こす業者も存在する

上下水道に関するトラブルは水道局が指定する業者しか工事をすることができません。しかし、指定されていない業者が杜撰な工事を行うことで近隣の住宅にまで被害が広がってしまうなどの二次被害に繋がる可能性がありますし、高額な費用を支払って修理を依頼したにも関わらず、すぐにトラブルが再発してしまうなどのケースもあります。しっかりとした知識や技術を持ったところに依頼するためにも指定業者を選ぶことが大切です。




■まとめ
残念ながら消費者の弱みにつけこむ悪質な業者は少なからず存在します。そういったところにひっかからないためにも予め依頼する業者を選んでおくなど対策をしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ