水道修理をする際に水が漏れている箇所を特定する方法

水道に関連するトラブルの中でも比較的多いのが水漏れです。水道水を引き込むための配水管や水を出すための蛇口、使用した水を流すための排水管など、水を使用する以上避けて通ることができないトラブルでもあります。自分で修理ができる場合もありますが、業者に依頼することでスムーズに修理や蛇口 交換を行うことができます。ここでは修理をする前にどこから水が漏れているかを確認する方法を紹介します。

■元栓を締めてどこから水が漏れているかを確認しよう

場所を特定できるわけではないけれど、なんとなく水が漏れている気がすると感じることはないでしょうか。場合によってはいつもよりも水道料金が高いことで気づくこともあります。そんな時は水道の元栓を使って場所を特定してみましょう。水道の元栓は多くの場合住宅の外にあることがほとんどです。元栓を締めても水道のメーターが動いている場合はどこかしらから水が出ている証拠であり、大元の元栓をゆるめて今度は各水栓の部分にある元栓を締めながら水回りを1つ1つチェックしていきます。こうすることでどこなのか場所を特定することができます。


■自分で修理できるか判断する基準

場所が特定できたら、次は原因を特定します。自分で修理することができるかを判断する基準となるポイントです。原因を特定することができない場合は業者に依頼する方がスムーズに解決しますし、さらに自分で修理するのに自信がないという場合も業者に依頼するのがおすすめです。場所や原因が特定でき、さらに修理ができそうな場合は水回りの修理は比較的簡単にできるものも多いので挑戦してみましょう。





■まとめ
水漏れなどの水回りのトラブルは非常に起こりやすいので、自分でできる対処方法を普段から意識しておくことでトラブルが起こっても落ち着いて対処することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ