水道トラブルの修理を行う業者に資格は必要なの?

水のトラブルは住居内の水回りでは比較的起こりやすいものであり、ある日突然起こることもあります。普段から意識して水回りを使用したり、定期的にチェックを行うことで被害は最小限に抑えることができますが、中には個人ではどうすることもできないものもあるため、修理を業者に依頼することもあります。では水道に関連する水のトラブルが起こった際に修理を依頼することができる業者に特別な資格はあるのでしょうか。

■水道局に認定されるには資格が必要

個人が所有する給水装置や排水管が繋がっている配水管や排水管などにも作業が必要な場合は基本的に水道局の認定を受けた指定工事事業者でないと修理などの作業を行うことができません。道路などを通っている配水管や排水管を取り扱う中でトラブルが起こってしまうと、依頼主だけではなく、周辺の住宅にも影響が出てしまいます。そのため、指定工事事業者でなければ取り扱うことができないと水道法によって定められています。



■水道トラブルの修理に関する3つの資格

水道トラブルの修理を行う際には、給水装置工事主任技術者、下水道排水設備工事責任技術者、管工事施工管理技士の3つの資格が必要な場合があります。給水装置工事主任技術者とは、給水装置の技術上の管理などを行える国家資格です。下水道排水設備工事責任技術者は排水工事における指定業者になる際に必須の資格となります。管工事施工管理技士は、給排水や給湯設備工事などの施工計画の作成や、安全管理などを行える資格です。




■まとめ
水回りの修理は信頼できる業者に依頼しなければいけません。水漏れや水回りからの悪臭などのトラブルが起こった際はまずは管轄の水道局に相談することで指定工事事業者を紹介してもらうことができるので相談してみましょう。給湯器 交換の場合もまずは相談することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ